スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連タグ:

Googleリーダー廃止とか、ゆゆ式追加キャストとか。

まずは残念なニュース。


いや、というか、認めません。



Googleの提供するRSSリーダー、「Googleリーダー」が終了するなんて。

 

GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了 - GIGAZINE




個人的には、Googleのサービスの中で、Gmailよりも使っている感すらあるGoogleリーダーですが、
利用者の減少にともなって、サービスを終了するとのこと。


猶予期間として、3ヶ月の時間がありますが、
それにしても青天の霹靂、寝耳に水です。


一条さん曰く、オメガ困ったちゃんです。




代わりのリーダーを探すか、もうRSS読むのはやめるか。


なんとなくもういいかなとも思うんですが、
そこは習慣としてやめられない気もします。






そう思う方も多いようで、こんな記事が早速。


Googleリーダーの代わりに使えそうなRSSリーダーは? ※随時追加 - ねとらぼ




RSSを利用しはじめるときに、
相当吟味して、というか、使った感じ一択だったGoogleリーダーなので、
代わりが務まるのかとも思いますが、モバマスのマイスタジオと同じで、万物は流転するもの。


慣れていかなければいけないでしょう。






livedoorとはてなの2択な感じはしますが、
以前使ったのは何年も前のことなので、この機にひと通り見てみようかな。




こんな動きもあるみたいなので、
どっかが買い取って継続するとか、某marks的なことになればいいですけど。

Googleリーダーを廃止しないで! 「change.org」で署名活動始まる - ねとらぼ



他のGoogleのサービスと連携した記憶もありませんし、
Google+を終了させれば(ry













 

さて。


話はかわって、ゆゆ式の追加キャストが発表されていました。


春アニメ「ゆゆ式」放送日時、放送局決定!追加キャスト:茅野愛衣、潘めぐみ、清水茉菜、堀江由衣



放送日時は以前判明していましたが、
追加キャストに、茅野愛衣さん、潘めぐみさん、清水茉菜さん、堀江由衣さんが。



ゆるゆりのような若手中心キャストになるかと思いきや、
ほっちゃん追加ですか。



作風もそうですが、あまり声優にコスプレさせたり、なんか違う方向に進もうとはしていないようで、少し安心しました。


コスプレ、特にアニコスってのは未だによく分からないジャンルのひとつです。




メイド萌えやコスプレは、割と定番な、いわゆるアキバ系のイメージとしてあると思いますが、
アニメキャラの格好はアニメキャラがするから成立すると思いますよね。


や、コスプレを「する」楽しさっていうのはあると思うんですが、
コスプレを「見る」楽しさっていうのは、
AVかなんかと間違えてるんじゃなかろうかと思うものちらほら。



セックスアピールと可愛さはごっちゃになりやすい部分ですが、
しっかりして欲しいです。



乳袋、お前のことだよ。



エロ同人誌でああなってるのは何も文句言いません。
住み分け住み分け。





えっと、何の話でしたかね?





スポンサーサイト

関連タグ:Google 新アニメ

Googleで在庫検索。

Googleでは、ウェブ上の情報だけでなく、
地図や文献など、様々なものを検索することが可能になっています。


そんなGoogleに新たな機能が。



Google Japan Blog: Google ショッピングで実店舗の商品を検索




インターネットで買える商品の情報を検索で探すことができるGoogleショッピング。


従来は、Amazonだのなんだののオンラインショップの情報を検索できるものでしたが、

この度、実店舗の在庫を検索できるようになったとのこと。


つまりは、Googleローカルショッピング。




使い方は。



これまでのように、Googleショッピングで商品を検索。

例えば、

「ラベル インクジェット」のようにキーワードで広く、
「エーワン 28809」のように品番で細かく検索することができます。




すると、右側に「付近の店舗」なるものが。


クリックすれば、
付近の、その商品の在庫のある店舗がざざっと地図で表示されます。


営業時間や価格もまとめて確認できます。



この「付近」というのは、「お住まいの地域」に基づいています。

当然、変更もできます。








これだけできれば、機能的には素晴らしいですね。

あとは、情報の早さや精度ですが、各社から店舗ごと商品ごとの在庫情報をもらっているのだとか。


開始時点では、

東急ハンズ、西鉄ストア、阪急リテールズ(ブックファースト)、
マツモトキヨシ、ヨドバシカメラ、良品計画(無印良品)、ローソンHMVエンタテイメント

が協力しているそうです。




さらに、近々ローソンの店舗も検索可能になるとか。








在庫が即反映されるのは難しいでしょうから、
タイアップのアニメグッズを買うのに使うのは難しいかもしれませんが、

日頃の買い物なら、かなり役立ちそうです。



今後、ヤマダ電機やニトリ、セブンイレブンなどの企業と協力できれば磐石っぽいですね。




しかし、Googleさんは凄いですね……。


そのうち、
「あれ、はさみどこしまったっけ?」というときに、ググれば「引き出しの奥」と出てくる、みたいな。
「今何しようと思って立ったんだっけ?」なら、「パンジーに水やり」とか。

おお、ちょっと電脳化っぽい。


いや、それはそれで怖いか……。




関連タグ:Google

Googleソーシャル検索。

Googleをはじめとする、大手検索エンジンでは、
クローラで無作為に巡回しデータを収集するタイプのものが多いと思います。



これは、幅広い情報源から情報をすばやく得られる代わりに、
個人に密着したローカルな情報を手に入れることは難しいものでした。



Google社はこれまで、Googleマップの機能やウェブ履歴などから、

より個人のニーズにあった検索結果を提供する試みを続けてきましたが、

新たな段階へ突入した模様、というお話。





その名も「ソーシャル検索」。





Google Japan Blog: ソーシャル検索が日本にもやってきました







これは、Googleアカウントなどの中の、
「友人」たちの情報が、検索結果で上位にくる、というもの。



詳しくは、このあたりを見てもらえばわかると思います。


『Googleソーシャル検索』ついに上陸! 友人のブログやツイートを結果に表示 - ガジェット通信



Gmailの連絡先や、Googleリーダーでフォローしている相手、
Googleプロフィールの外部の友人まで、

環境次第では、かなり広い輪かもしれません。




はー、面白い発想ですにー。







自分の輪(ソーシャルサークル)を確認するには、
Googleアカウントにログインし、
ダッシュボードソーシャルサークルを見るといいようです。



管理人は友達が少ないので、かなりすっきりしていました。

ソーシャル検索の効果も今のところ体感できていません。

色々とクローズな設定にしてますしね。






友達がたくさんいる方や、ネット上では友達がたくさんいる方などなど。

新しい目線からの検索を、試してみてはいかがでしょうか。




関連タグ:Google

Androidアプリを誰でも簡単に開発。

拡大を続けるスマートフォン市場。


様々な機種、OSが存在しますが、
中でも目をみはる成長を遂げたのが、Google社の「Android」。




今年2月には、プラットフォーム別のシェアで、全世界1位を獲得しました。




Androidの特徴と言えば、アプリ開発のハードルの低さがひとつ挙げられるでしょう。


例えばiPhoneでは、AppStoreの審査とか、開発側に対する制限とか、
まぁ色々あるわけで。


当然ウイルスだなんだという懸念はありますが、
あくまで自由度では、Androidのアプリ市場の方が上でしょう。




ですが、いくら自由だ自由だといっても、
ずぶの素人がささっと開発はできないわけです。

これでは、せっかくの自由を謳歌できない。







というわけで、Google社は「App Inventor」なるものを開発したわけです。





これは、Androidアプリを開発するためのものですが、

従来と違う点として、「プログラミングができない人」をターゲットとしています。




要するに、

アプリ開発のハードルを下げ、
アプリ開発者を増やし、
アプリを豊富にして、

Android全体の魅力を向上させるわけです。










と言っても、
「生まれてこのかた、一度も全く全然プログラミングとかやったことないですけど」みたいな方や、
「右クリック?なにそれおいしいの?」みたいな方はちょっと難しいです。そりゃそうです。


ですが、必要なものは基本的にブラウザのみという手軽さですので、
一度トライしてみても損は無いはずです。



逆にむしろ、ガチガチのプログラマーな方は、
色々と不満を感じるかもしれません。










さて、このAppInventor自体は、2011年3月に開発されました。


その存在は、当時から話題になっていましたし、
知っていましたが、

なぜ今更取り上げるのか、といいますと、

やってみたからです。





このブログでは一度も触れてなかったかもしれませんが、

管理人は、実はXperiaユーザーです。
なるほどだからあんなにAndroidを褒めていたわけですね。




今年1月に購入したんですが、
(新型の発表を知っていてなぜ購入したかというと、ひとえに安さです)

やり尽くした感も無くはないです。そこで、


そろそろ日本語解説サイトも増えてきたようなので、←ここ重要

いっちょやってみっか、というわけです。




※ちなみに管理人は、プログラミングなぞ出来ません。

C言語の表面を撫でる程度の能力です。







単純に、ハルヒがテーマの時計をつくってみたわけですが、
結果から言うと、かなり満足。

まぁアプリで時計を見る意味は自分でも不明瞭ですが、

けっこう形になりました。



やはり大切なのは、キャラ愛もとい創作意欲ですね。






始めるのは簡単ですが、かなり色々と複雑なことも出来そうです。







ここで、管理人が四苦八苦しながら這ってきた道のりを公開羞恥プレイでもいいのですが、
そんなことより有意義な参考サイト様たちを紹介しましょう。



誰でもAndroid開発できるApp Inventorの基礎知識 - @IT

【ハウツー】経験ゼロでも大丈夫!? App Inventorで始めるAndroidアプリ開発 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

App Inventor 初心者の方でも分かりやすくサンプルを作りながら解説します

App Inventor 徹底解説~初心者から上級者まで~



このあたりを読めば、大体わかります(ぉ


基本的なことだけを、丁寧な解説と共に掲載してありますので、
たぶん大丈夫です。


ありがとうございました。





自分で考えたアプリを形にするのは、達成感がありますね。

そしてなにより、「あれ、俺もしかしてPGなんじゃね?」と幻が見えるようになります。
もう、ちょっとした薬ですね。





さて、ここまでご覧いただいた皆様。

おそらく、すぐにマーケットでもっと簡単に、制作したアプリの公開ができるようになるはずです。


どうかこのAppInventorを駆使して、

素敵なアプリを制作してください。



主に管理人のために。


できれば凛がたくさんデレるようなやつがいいです。




関連タグ:Google

Google日本語入力に顔文字。

公用では使えそうにないですが、私用ではやたら便利なGoogle日本語入力。


ついに、公式アップデートで「顔文字」に対応したようです。

相変わらず、勝手にアップデートされていますね。別にいいんですが。



先日のアップデートでは、以下の点が改善されたようです。

  • 広く知られている誤字や誤用の一部がサジェストや変換候補に表示されなくなりました。
    例: 「的を得る」「嘘吹く」「危機一発」

  • 前バージョンで報告のあった誤変換の多くを修正し、変換精度が向上しました。

  • スペルチェック機能を導入しました。この機能が働くと、候補ウィンドウの右側に <もしかして> と書かれた候補が追加されます。
    例: シュミレーション (シミュレーション)、 アボガド (アボカド)、 レミオメロン (レミオロメン)

  • さまざまなジャンルの辞書を追加しました。次のような語彙が増えています。
    顔文字: (^^) (にこ)、(`・ω・´) (しゃきーん)
    沖縄に関する語彙: 海人(うみんちゅ)
    外国地名の漢字表記: 加拉巴(じゃかるた)
    追加された複合語: 菅首相(かんしゅしょう)
    記号変換: ↕(やじるし)、☃(ゆきだるま)
    当て字読み: 理由(わけ)、宇宙(そら)、鎮魂歌(れくいえむ)
    カタカナ英語: Hey! Say! JUMP (へいせいじゃんぷ)
    中華料理: 青椒肉絲 (ちんじゃおろーす)
    麻雀用語: 平和 (ぴんふ)

  • サジェスト機能を改善しました。
    • 単文節ずつ細切れに確定していても、それぞれを連結した候補が入力履歴としてサジェストされます。
    • 直前に入力したテキストを考慮しながら候補をランキングするようにしました。(例: 「六本木」を入力した直後に「ひ」を入力すると、「ヒルズ」や「ヒルズアリーナ」がサジェストされます。
  • 句読点による自動変換機能を追加しました。(この機能を利用するには、設定項目の「入力補助 > 句読点変換を有効にする」を「オン」にしてください)。


と、今回もなかなかなわけです。


スペルチェック機能は、「コミニュケーション」と入力すると、「コミュニケーション <もしかして>」と表示される、という感じ。
まぁありがちですね。

顔文字は、「顔文字」と入力すれば、ズラーッとでてきますし、

個別でも、
「うまー」と入力すれば、「(゚д゚)ウマー」が、
「きたー」と入力すれば、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」が、
「かーちゃん」と入力すれば、「J( 'ー`)し」が、
「とーちゃん」と入力すれば……あれ、ないや。

ということです。


当て字読みも充実。


レクイエムで鎮魂歌、シンフォニーで交響曲、ワルツで円舞曲余裕でした。

奈々様の歌の歌詞や、厨二病の人も、もっと楽にタイプ出来るようになるかもしれません。
「まよなか」で黒天や、「てんし」で女神はキツい様子ですが。

それでも、「てんし」で「守護天使」、「聖天使」がでる辺り、なかなかだと思います。

多そうな、「そら」でも、

空 宇宙 天空 虚空

まで網羅。



麻雀用語は、「ぴんふ」で平和、「いーぺーこー」で一盃口、「ちんいつ」で清一色もお手の物。
「すーあん」で四暗刻、「さんしょく」で三色同順など、略でもいけるご様子。
「りゃんぺー」で二盃口は出ますが、いーぺーでは「一盃口」は出ないみたいですが。



相変わらず、くだらない所まで実に手が届きますね。


まだ導入していない方は、オススメですよ。


関連タグ:Google

I’m Feeling Lucky。

どうも。

さっきネプリーグで「サブ◯◯◯◯◯」の5文字を埋める問題(答えはサブカルチャーでした)で、
由真メイドverのフィギュアが出てきてちょっとご機嫌です。

これですね。
フィギュア ToHeart2 AnotherDays 十波 由真 ~メイドver~

端の方にこのみメイドverもいました。
やはりサブカルチャーといえば、「アニメでメイドでフィギュア」というのがわかりやすいのでしょうね。




さて本題、GoogleのI’m Feeling Lucky機能の話。


本題と言っても、みなさまとうにご存知の可能性がありますが、そこはスルーの方向で。


「I’m Feeling Lucky機能」といえば、
Googleの画面で通常通り検索ボックスにワードを打ち込み、
あえて右っかわの「I’m Feeling Lucky」をクリックすると「検索結果で一番上になるサイト」を直接開くというもの。


これにより、明らかにそこが一番上にくるような大手企業だったり有名サイトを開くときに、
所要時間が短縮できる、というものです。


正直使い道はあるようなないような微妙なシロモノ。

お気に入りにはいっていなくて確実に一番上にくるであろうサイトを検索から開くときは微妙に限られますし、
そもそもあまり短縮になってない


利用は全体の1パーセント程度だそうですし。

なおかつ、

「I’m Feeling Lucky」ボタンはGoogleにとって年間120億円の損失だってさ:IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ

なんて話も出ています。

これは、通常検索結果一覧に表示される広告をスキップすることで発生する損失だそうです。




そんな微妙なものでも使うときは使うもので。


今日「確かアドレスバーにいれて検索、すれば、いーんだよなー……」とうろ覚えながらやってみると、

でけへん。



でけへんやないかー、と調べてみると、なんだか知りませんが、
「about:condig」をいじる必要があるらしい。

FireFoxのアドレスバーで「I’m Feeling Lucky」が使えなくなった! :UOSHICHI.COM

「Keyword.URL」の設定値を
http://www.google.com/search?btnI=I%27m+Feeling+Lucky&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=
に変更する。


そうか、とやってみると確かにできるんですが、ひとつ疑問点。

試しに「axl」でやってみると、AXL Guitarsという、
およそ一生アクセスしなかったであろう、なんだかロックでパンクなサイトに接続。


やはりな、と思いつつ、設定値を、
http://www.google.com/search?btnI=I%27m+Feeling+Lucky&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=
から、
http://www.google.jp/search?btnI=I%27m+Feeling+Lucky&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=
へ、サラッとクールに変更。

よかった、いつもの瀬之本絵がお出迎え。

さっきは本家のほうのGoogleで検索した結果から、いってしまったのでしょうね。





ちなみに。


この「I’m Feeling Lucky」というのは、映画「ダーティハリー」内で、クリント・イーストウッドが言う台詞にちなんでいるそう。

I'm Feeling Lucky:OKWave

有名なシーンのようです。


使いたいときに使えないとイラッとするものですし、
使えなくなっている方は、一応設定しておいて損はないかと。



関連タグ:Google

Googleマップで怖い場所。

世界中には、「怖い場所」というものが数多く存在しています。


霊的な場所から、すごく高い橋とか危険な山頂とか。
色々な意味で怖いことはあるものですが、そんな「怖い場所」は、我が日本にも当然あります。


例えば、富士の樹海だったり、東尋坊だったり、華厳の滝だったり、どこぞの寺社仏閣だったり。


そういうものも当然怖いですが、これは少し趣が違います。

【閲覧注意】Googleマップで見れる怖いスポットいろいろ:V速ニュップ

ゾッとする、が近いか?

この感覚がわからない人には伝わらないんですヨネ。


いくつかあるんですが、一番グッときたのは、



・本当は恐ろしい山梨県
35.479484,138.612564


これ。




いやはや。

この地区に住んでいる人には申し訳ないんですが、確かに気味が悪いような。


木に埋もれてよく見えないほどの道路を延々行くと、異常に整った住環境の場所が。

なんだか区画も整理されていますし、道路も舗装されていますし、木造の建物ではないように見えるので、最近のものなんでしょうか。

割と大きな学校らしきものもありますし。
※河口湖町立精進小学校のようです。


田畑は見当たらない気がするので、(いや、普通森の中で農業はやるものなのか?)そういうものが仕事ではないんでしょうか。

住所的には 山梨県 南都留郡 富士河口湖町 精進 なのか?




これに似た感じの場所は、

・富士山の麓の孤立した集落
35.505446,138.588215


これでしょうか。

確かにものすごい孤立しています。




あの「山奥の閉ざされた村」、雛見沢のモデルとなった白川郷も顔負けの閉ざされっぷりです。

一般の方は、「白川郷の合掌造り」と聞けばピンと来るのではないでしょうか。


住所的には、 山梨県 南巨摩郡 身延町 八坂 。

また山梨……。


しかし、こちらは集落とか村といった感じなので、個人的には2位ですかね。

1位の精進は町といっても過言ではない程だったので、違和感から生じる怖いポイントが若干高いか。


ほかにも色々ありますので、ご覧あれ。


関連タグ:Google

ねこのかわいさは、大気圏を越える。

無重力空間に放たれたネコがどのような動きをするのか分かるムービー:GIGAZINE


ということで、お猫さまを無重力空間へ連れていったらどんな反応をするのか、という動画。




まぁ当然なのですが、なにが起きているのかさっぱりなご様子。


かわいそうになるくらいもがいていらっしゃいます。

結果、ライダー卍キック。

20秒程度の短い動画なので、是非一度ご覧あれ。





ねこ関連で、こんなのもありました。

とっても癒されるGoogleはいかが?『Googling With Kittens!』:IDEA*IDEA


Googling With Kittens!

上記のサイトを開くと、いつものGoogleの画面にこねこが5匹。
かわええ。


そのまま普通のGoogleのように検索をすることもできます。




BHの公式サイトもこの通り。こねこ達は見ちゃいけませんね。




なんとなくキーを押して検索したら「h」で、つらつら見ていったら、
見覚えのあるB型H系の文字が目に入っただけで、このセレクトは無作為です。


関連タグ:ねこ Google

名ゼリフ的なものをランダムに表示するアレ、ひっそり稼働中。

応援中!

プロフィール

ゆまっぷ

管理人:ゆまっぷ

連絡はこちらのフォームを。

このブログについての駄文

タグ

カテゴリ
視聴中アニメ
来期以降視聴予定アニメ
バナー
Leaf official








最近精度が悪いような気がする検索フォーム
最新記事
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。