スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

万猫。

を見る機会があったので。
少し感想を書いてみたいと思います。

微妙にまた猫の話題か。


万能文化猫娘:Wikipedia

全6話。

ウィキペディアを見てみると、3話で一度打ち切られているそうで。

なるほど確かに、前3話と後3話では受ける印象が違ったかもしれません。

個人的には、前半の空気で後半の詠美ちゃんたちとの絡みをやってほしかったり。



説明や導入部的なものがあまり無くストーリーが始まるのですが、
全体的に複雑な話ではないため、問題なく入りこめました。


林原めぐみさん演じるヌクヌクも当然可愛かったわけですが。

久作と晶子さん。

この二人が素敵でした。


特に、晶子さんが龍之介と暮らすために、家事をやる回。
洗濯をしているシーンの晶子さんは、とても健気でした。

1話などで、無理やり龍之介を取り返そうとする彼女とのギャップがまた。


彼女と久作というのは、この物語では比較的中核にある部分ですが、
全編にわたって、二人の気持ちは個人的に好きな距離感です。

久作の教育方針や、晶子さんに対する態度・接し方なども、
神谷さんの声も相まって、素敵です。


今では大御所とも言える、林原めぐみさん、神谷明さん、久川綾さんをはじめ、
こおろぎさとみさんや、かないみかさんまで御出演されており、
なかなか豪華な声優陣です。


個人的には、後半3話をもっと掘り下げてほしい、
具体的には、詠美ちゃんのいいところをもっと出して欲しかったですかね。

あの子はいい子ですよ、きっと。


それでも全体としては、いい意味で「昔っぽく」、
それでいて、今の作品との完全な隔たりを感じることなく観れるので、面白かったです。



2010/09/12  追記:

「万能文化猫娘」がHDリマスターによる待望のBD-BOX化!


だそうです。


管理人の観たOVA版だけでなく、TV版、さらにはDASHまで収録された完全版。

主題歌等も収録され、「帰ってきた熱血電波倶楽部」として、ラジオまで。


すごいですね。

これはファンには嬉しいでしょうねー。


関連タグ:

コメントの投稿

非公開コメント

名ゼリフ的なものをランダムに表示するアレ、ひっそり稼働中。

応援中!

プロフィール

ゆまっぷ

管理人:ゆまっぷ

連絡はこちらのフォームを。

このブログについての駄文

タグ

カテゴリ
視聴中アニメ
来期以降視聴予定アニメ
バナー
Leaf official








最近精度が悪いような気がする検索フォーム
最新記事
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。