スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

長い訓読み。

小ネタ。



漢字は、それ一字で色々表すことのできる優秀な言語ですが、
それにともなって、長く読む字もあります。


常用漢字だと、「承る」「志」が長い読みだそうですが、
その範囲を広げると色々と面白いものが。



長訓読み選手権



こちらのサイトさんでは、長い訓を持つ漢字を紹介しています。


なかには、なめんな、と思うものも。




「あしのみじかいいぬ」とか。


「あしのみじかいうし」とか。いつ使うのか。




「あるきかたがただしくない」とか。
使う機会はあるかもしれませんが、きちんと文で書きましょう。

なんか離婚後くよくよ立ち直りエッセイのタイトルにもなっています。分かる。


「つきのくらいぶぶん」。
影になっているところですね。三日月とか半月でも、目を凝らせば見えるところ。




などなど。


およそ考えられないようなものばかり。


まぁ常用のものではありませんし。
それでも「大漢和辞典」には載っているそうですよ。



一番長い読みは、


 

「ほねとかわとがはなれるおと」
「まつりのそなえもののかざり」



の13音なのだとか。





前者は、文化的にもちょっとありそうですが、
後者はどうだろう。


「祭りの供え物」が既に飾りのような気もするし。
というかそれは「まつりのかざり」でいいような気もするし。細かい。




実際の漢字と照らしあわせてみてみると、
なんとなく分かるものからさっぱりなものまでで、面白いです。一見の価値あり。




ここにHENTAIを足すと、
「むちむちしたふともも」とか「なぞりたいさこつ」とかになるんでしょうね、という話でした。







関連タグ:

コメントの投稿

非公開コメント

名ゼリフ的なものをランダムに表示するアレ、ひっそり稼働中。

応援中!

プロフィール

ゆまっぷ

管理人:ゆまっぷ

連絡はこちらのフォームを。

このブログについての駄文

タグ

カテゴリ
視聴中アニメ
来期以降視聴予定アニメ
バナー
Leaf official








最近精度が悪いような気がする検索フォーム
最新記事
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。